この日は見事な晴天でした。
空を背景に風景を撮るときは、白い空(曇り空)は親の敵だと思え、とある写真家の方が言ってました。
なるほど、目視で鑑賞しても、青空だからこそ桜が美しいと思える素晴らしいひと時でした。

カテゴリー:

「青空と桜」に2件のコメントがあります

  1. おはようございます。
    親の仇って(笑)
    そういう空の時は、空を入れずにフラットな光だからこそ撮れる被写体を探すとか、そういうところがカメラの楽しさの一つでもありますよね。
    花もあるし虫もいるし、桜の頃って本当に良いですよね。

    1. bluemさん、ありがとうございます。
      その写真家さんも、空を入れないで撮るテクニックを語っていました。
      その人は、あの鉄道写真家のNさんです。(本名でいいのですが(笑))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です